私たちの思い

農政改革が本格的に実施され、グローバル化の波も押し寄せ、日本農業は今大きな岐路に立たされています。大波に飲み込まれてしまうのか、それとも乗り越え新たな展望を切り開いていけるのか。私たちはさまざまな業種の集合体ですが、日本農業の未来を信じて、元気あるプロ農業者を育てていくお手伝いをしたいと思い、NPO法人「日本プロ農業総合支援機構」(J-PAO)を立ち上げました。

農業の担い手を総合的に支援する民間NPOは、前例が少なく、模索しながらの活動になりますが、ご支援ください。

なお、丹羽宇一郎初代理事長は中国大使就任に伴い、平成22年6月16日退任しました。その後副理事長の髙木勇樹が定款14条に基づき、その職務を代行していましたが、平成24年4月のNPO法の改正に伴い、平成24年7月1日に髙木勇樹が理事長に就任しました。

NPO法人 日本プロ農業総合支援機構